シワをひどくする間違いケアにご注意!

「シワの予防や改善のために自分でケアを頑張っていたのに、むしろシワが増えたり深くなってしまった」というような問題が起きることは、珍しいことではありません。

 

顔の肌はデリケートなだけに、間違ったケアをやってしまうと、そのダメージをまともに受けて、シワを増加・悪化させてしまう可能性が高いのです。

 

素人がやってはいけない「間違いケアの代表例」をご紹介しましょう。

 

スキンケア時のパッティングは百害あって一利なし!?

ひと昔前に、一部で「化粧水などをパッティングで肌に叩きこむ」というやり方が流行していました。
パッティングで叩きこむことによって、スキンケア用品の浸透性がより高まる、パッティングの刺激で血行がよくなる、というメリットがあると考えられていたからです。

 

しかし、実は肌へのパッティングというのは、「百害あって一利なし」というのが現実。
スキンケア用品を本当になじませたいなら、叩きこむのではなく、温かみのある手でやさしくおおって、ゆっくりと押さえこむようにするのが正解です。

 

パッティングの叩きこみ刺激は、簡単に言えば「無数の小さなビンタを肌にくらわせる」というようなもの。
だからこそ「パッティングで赤みが出るのは血行がよくなったからではなく、叩いた刺激に対しての炎症が起こっているだけ」という可能性もあるのです。

 

パッティングは、肌表面を傷めてバリア機能を低下させるだけでなく、最悪の場合、肌細胞を潰してしまうリスクもあります。
「たかが軽く叩く程度で大げさな」と思われるかもしれませんが、顔の皮膚が他の部分より薄くデリケートであることを考えると、軽いパッティングであっても、その影響は無視できないのです。

 

シワのばしマッサージや表情筋エクササイズは挑戦しないのが正解!

 

シワを増加・悪化させてしまいやすい「避けるべき間違いケア」としては、シワのばしのためのマッサージや、表情筋エクササイズなども挙げられますね。

 

もっとも、これらは「プロの手でやってもらう」「プロに目の前で指導を受け、きちんと表情の動かし方等をチェックしてもらう」などという形であれば、それなりの効果が見込めるのですが、素人が本やDVDを見ただけで、自宅でマネしてやるのはあまりおすすめできません。

 

なぜなら、本やDVDを見ただけでは、マッサージの力加減や、表情筋の適切な動かし方や動かす強さなど、細かい部分は分かりにくいからです。

 

結果的に「強すぎるシワのばしマッサージで、皮膚が伸びきってシワが増えてしまった」「表情を大げさに変えるエクササイズをしていたら、シワがくっきり深くなった」という状態になってしまうリスクは、かなり高いと言えます。

顔のシワが増えるかも!?普段のNGスキンケア記事一覧

 

仕事が遅くて、飲み会があって、などといった理由で、「もうお風呂に入る元気も時間もない」という状態になってしまい、メイクも落とさないまま寝てしまう・・・あなたは、こんな経験ありませんか?疲れたから早く休みたい、という気持ちは分かりますが、最悪、お風呂に入れなかったとしても、せめてクレンジングと洗顔だけは済ませて、汚れは落としておきましょう!でないと・・・メイク汚れを落とさずに寝るその行動が、シワリス...

 
 

「肌に本当にやさしい洗顔をしたいなら、水にもこだわるべきだ」という説があります。たとえば、「水道水には塩素が含まれているので、塩素除去のシャワーヘッドを使って洗面器にすすぎのための湯を入れる」などという方法が、それに当たりますね。では、水にとことんこだわりたいなら、「ミネラルたっぷりの海外の硬水」はどうなのでしょうか?そもそも硬水って何?さて、まず硬水とは何かというと、「水1リットルに対し、カルシ...

 
 

あなたは、メイク時にリキッドファンデーションやクリームファンデーションを使用していませんか?もし、使用しているのであれば、できるだけ早くその使用をストップすることをおすすめします!なぜなら、リキッドファンデーションやクリームファンデーションというのは「シワの元」と言っても過言ではないほどの、大きなリスクがあるからです「すりこむ行為」がシワを作る!リキッドファンデーションやクリームファンデーションが...