最終手段としての美容皮膚科・美容外科

シワ対策は、スキンケアや食生活・生活習慣の見直し等で、自分でもある程度のことはできますが、やはり限界があります。

 

「自己ケアではこれ以上は無理だけど、どうしてもこのシワを消したい、目立たなくしたい」という強い気持ちがある人は、美容皮膚科や美容外科などでの「プロによるシワ取り治療」を受ける、という手もあります。

 

現在の美容皮膚科や美容外科で、シワ取りのためにどんな治療法が用いられているのか、それについてお話ししましょう。

 

フォトフェイシャル等の光治療

乾燥ジワや、ごく小さなシワに対する治療法としてよく使われるのが、フォトフェイシャル等の光治療です。

 

これはどういう治療なのかというと、光のパワーで皮膚を「ごく軽いやけど状態」にすることで、肌そのものの修復再生活動を活性化させる、というものです。

 

肌がせっせと修復・再生しようと働くことでコラーゲン量が増え、細かいシワなどが改善される、というわけです。

 

注射によるシワ治療

手軽なシワ治療法として知られるのが、シワが気になる部分に、ヒアルロン酸・コラーゲン・アクアミド・アルカミドなどを注射器で注入する、という方法です。

 

注入した成分で、物理的にシワを内側から埋めるように盛り上げていきます。

 

かつてはヒアルロン酸やコラーゲンなど、「いずれは体内に吸収される」というタイプのものを注入するのが主流でしたが、近年では体内に吸収されないゲル・ポリマーであるアクアミドやアルカミドのほうが持続性が高い、ということで人気が高まっていますよ。

 

リフトアップ

深いシワの治療に使われるのが、外科手術であるリフトアップです。

 

これは、「肌の目立たないところを切開し、そこから糸を入れて、内側から肌や筋膜を引っぱり上げる」というものです。物理的に引っぱり上げるわけですから、かなりの効果が期待できます。

 

ただし、リフトアップは「必ず、ある程度は皮膚を切開することが必要になる」という手術ですから、手術後しばらくはむくみや腫れなどが出やすい、手術痕も落ち着くまではそれなりに目立つ、などといったリスクもあります。