ミネラルたっぷりの硬水で洗顔するのはいいこと?

「肌に本当にやさしい洗顔をしたいなら、水にもこだわるべきだ」という説があります。

 

たとえば、「水道水には塩素が含まれているので、塩素除去のシャワーヘッドを使って洗面器にすすぎのための湯を入れる」などという方法が、それに当たりますね。

 

では、水にとことんこだわりたいなら、「ミネラルたっぷりの海外の硬水」はどうなのでしょうか?

 

そもそも硬水って何?

さて、まず硬水とは何かというと、「水1リットルに対し、カルシウムとマグネシウムが合計で120mg以上含まれている水」のことを指します。
ちなみに日本の水道水は、そのほとんどがこの数値をはるかに下回る、いわゆる「軟水」で、ミネラル成分はほとんど含まれていないか、あってもごく微量です。

 

そんな日本の軟水を使うよりも、硬水で肌にミネラルを与えたほうがいいのでしょうか?

 

硬水は洗顔に不向き!?

さて、結論から言うと、ミネラル豊富な硬水は、洗顔に使う水としてはおすすめできません。

 

なぜなら・・・硬水には、以下のようなデメリットがあるからです。

 

〇洗顔料の泡立ちが悪くなる。
〇洗浄成分がカルシウムやマグネシウムと結合してしまい、いわゆる「石けんカス」が出やすい。
〇日本人の肌は軟水に慣れきっているため、硬水による肌刺激で、肌がごわついてしまったり、肌荒れを起こすリスクがある。

 

・・・こうして見ると、「ちょっとしたミネラルを肌に与えるための代償」としては、リスクやデメリットの方がはるかに大きいことが分かりますね。

肌に外から栄養や有効成分を与えるのはスキンケア用品で!

 

というわけで、いくら「ミネラルが含まれているから」と言っても、硬水での洗顔はおすすめできません。

 

そもそも洗顔というのは「汚れを洗い流すためのもの」であり、肌に栄養を与えるためのものではないのです。
ですから、すすぎの水だけでなく、洗顔料選びにおいても「栄養成分等を重視するのはナンセンス」と言えます。

 

肌の外側から栄養や有効成分を与えたいのなら、スキンケア用品の成分にこだわりましょう。

ミネラル豊富な硬水で洗顔するとシワが増える?関連ページ

メイクを落とさずに寝たときのシワリスク
疲れてメイクを落とさずに寝てしまうことは、肌にとって最悪な事態しか招きません。その際のシワのリスクを紹介します。
リッキドファンデはシワを招く!?
あなたはどんなタイプのファンデーションを使っていますか?パウダー?リキッド?クリーム?シワが気になる方で、リキッドやクリームを使っている方は注意が必要です。