表情ジワなどの、深いシワ対策にほしい成分

「スキンケアによるシワ対策」と言っても、「薄くて細かい乾燥ジワ」と「深い表情ジワ」とでは、対策のために必要な成分が違ってきます。

 

まずは、表情ジワなどの、深いシワ対策にほしい成分をご紹介しましょう。

 

深いシワにはコラーゲン!?

深いシワというのは、肌繊維を構成するコラーゲン等が減ったり切れたりして大きなくぼみができる、という流れで作られてしまうものです。

 

だったら、コラーゲン等を補給すればいいのでは、と思われるかもしれませんが、実は、外からコラーゲンをつけても、それが肌繊維構成のために肌の中で定着するわけではありません。

 

スキンケア成分としてのコラーゲンはむしろ、肌の乾燥を防ぐための保湿成分という役割のほうが大きいので、これで深いシワ対策ができるわけではないのです。

 

コラーゲン生成をうながす成分を補給する方がおすすめ!

というわけで、スキンケアでコラーゲンを補給しても、深いシワ対策としてはあまり役立ちません。それよりもむしろ、コラーゲンの生成をサポートする作用があると言われるビタミンC誘導体やレチノールが配合されたスキンケア用品を使うのがおすすめです。

 

ちなみに、コラーゲン生成のサポート力は、ビタミンC誘導体よりもレチノールのほうが上ですが、その分、レチノールのほうが肌刺激リスクも高い、というデメリットもあります。

 

ですから、敏感肌の人はまずビタミンC誘導体配合のものを優先して使い、レチノール配合のスキンケア用品は「肌のコンディションがある程度整ってから、パッチテストで様子を見つつ慎重に使う」というようにするといいでしょう。

 

もちろん、レチノール配合のスキンケア用品を使う際は、必ず「品質・安全性にしっかりこだわっているメーカーのもの」を選んで下さい。それなりの肌刺激リスクがありますし、さらに「酸化・変質しやすい」という弱点もあるため、このあたりをしっかりカバーできているかどうかを見きわめましょう。

 

ホームページを見ても単に「レチノール配合」とだけしか書かれていないようなものは、避けたほうがいいでしょう。

表情ジワなどの深いシワ対策に取り入れたい成分関連ページ

乾燥ジワ対策のために取り入れたい保湿成分
乾燥が進むと小じわができやすくなってしまいます。そうなる前に保湿成分を補給してシワを防ぎましょう。ここでは取り入れたい保湿成分を紹介します。