20、朝の1杯!肌元気を作るスムージーのススメ20

美肌のためのビタミンをたっぷり摂るために、朝ぜひ飲みたい飲み物って何だと思いますか?

 

市販の野菜ジュース?

 

いえいえ、そうではありません。
市販の野菜ジュースには、製造工程で一部のビタミンが消失・破壊されているという欠点があります。
それよりももっと「フレッシュで生きたビタミンが摂取できる」というメリットが大きい、スムージーのほうがおすすめですよ。
ミキサーが自宅にあれば、誰でも簡単に作れます!

 

というわけでここでは、朝の1杯として特におすすめしたい、美肌効果満点の厳選スムージーをご紹介しましょう。

 

スムージーを作る時のコツ

スムージーを作る際は、できれば原材料となる野菜や果物および水は、冷え防止のために常温の状態にしておくようにしましょう。

 

まず、原材料となるものをひと口サイズにカットしてからミキサーに入れます。
後はスイッチを入れるだけです。

 

スムージーを飲む際は、ただゴクゴクと飲むのではなく「スムージーを噛んで味わう」という意識で口を動かすし、ゆっくり飲むのがおすすめです。
噛む動作によって脳から胃腸への消化指令が届き、スムージーの栄養がよりきちんと活かされるようになるというメリットが得られますよ。

 

とことんビタミンCがほしい人にはこれ!

ビタミンCは、抗酸化作用があるだけでなく、肌繊維を構成するコラーゲン生成をサポートするのにも欠かせない存在。

 

そんなビタミンCをたっぷり摂りたいなら、「キウイ・かいわれ大根・オレンジ・キャベツ」のスムージーがおすすめです。

 

各材料の量は以下のとおりです。

 

水:100cc
キウイ:1個
かいわれ大根:小1パック
オレンジ:1/2個
キャベツ:1枚

 

 より強い抗酸化作用がほしい人にはこれ! 

紫外線やストレスなどによる活性酸素の悪影響に対抗するため、より抗酸化力が高いスムージーがほしい、という人には、「リンゴ・チンゲンサイ・アボカド」の組み合わせがおすすめです。
抗酸化のために欠かせないビタミンA・B・C・Eがいずれも摂取できる組み合わせですよ。

 

各材料の量は以下のとおりです。

 

水:150cc
リンゴ(皮ごと):1/4個
チンゲンサイ:1/2株
アボカド:1/4個

 

 

腸内からキレイにしてアンチエイジングに結び付けたい人にはこれ!

腸内環境というのも、「身体の内側からのアンチエイジング」を実現するためにはとても重要です。

 

そのためにおすすめなのが、「ヨーグルト・はちみつ・セロリ・ブロッコリー」のスムージー。
乳酸菌パワーと食物繊維パワーで腸内環境をサポートします。

 

各材料の量は以下のとおりです。

 

水:50cc
セロリ:50グラム
ブロッコリー:40グラム
はちみつ:小さじ2
無糖ヨーグルト:100グラム

シワなし元気美肌を作るスムージーのススメ関連ページ

シワ対策の味方になるか!?大豆イソフラボン
食べ物から摂れる成分の中で、シワ対策に役立つと考えられるもののひとつに、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」が挙げられます。 この大豆イソフラボンの効果や注意点について、少し詳しくお話ししましょう。