シワリスクの度合いは、水分摂取のやり方で変わる!?

シワのリスクの度合いは、実は「飲み水」によっても左右されるということをご存知ですか?

 

「ということは、質のいいミネラルウォーターを飲めばいいの?」と思われるかもしれませんが、そういうことではありません。
もちろん「質のいい水を飲む」というのは
ですが、それ以上に「水分摂取のやり方をどうするか」が重要なのです。

 

どんなにいい水でも、飲みすぎはダメ!

水分摂取において、まず注意したいのは「水を飲みすぎないようにする」ということです。

 

植物が、水をやりすぎると根腐れしてしまうのと同じように、水分の過剰摂取は私たちの体に害を与えます。
過剰な水分摂取はむくみを引き起こし、老廃物がうまく排出できない「老けやすい体、つまりシワもできやすい体」を作ってしまうのです。

 

「水なんて、たとえ飲み過ぎたとしても尿として出るだけなので問題ない」と思われるかもしれませんが、毎日のように水を飲みすぎるような状態だと、腎臓にかける負担が非常に大きくなってしまいます。

 

「健康のために毎日水を2リットル以上飲んでいる」という人もいますが、これは間違いです。
確かに、私たちの体は1日あたり2リットル強の水分を必要としますが、水分は日々の食事にも含まれているため、水飲みによる水分摂取は、1.5リットルから2リットル弱の間ぐらいでいいのです。

 

その反面、摂取不足にも気をつけなければなりません。
美容と健康のためにがんばると飲み過ぎてしまう水ですが、意識しないと逆に摂取不足になってしまいます。
喉が乾いたら飲むというのではなく、コップ8〜9杯を1日かけて万遍なく摂るように心がけるとよいでしょう。

 

冷たい水はターンオーバー力を低下させる!?

水分摂取の方法として、もうひとつ気をつけたいのが「冷たい水はなるべく飲まない」ということです。

 

いつも冷たい水ばかり飲んでいると体が冷え、それが血行不良を招いて酸素や栄養の供給にも支障をきたすことで、最終的には肌のターンオーバーさえも阻害してしまう可能性が出てきます。

 

ですから、いくら質のいい、高価なミネラルウォーターを買っていたとしても「常に冷蔵庫で冷やしたものを飲んでいる」というのであれば、すぐにやめたほうがいいです。

 

理想的なのは、「ぬるい、または少し温かいと感じる程度」の温度にして、水を飲むことです。

 

夏などは、家に帰ってからの最初のコップ1杯ぐらいは、冷たい水を気持ちよく飲むのもやむを得ないかもしれませんが、「冷たい水を飲むのは最小限に、あとはぬるめか、または少し温かい程度の水を飲む」というよう心がけましょう。

水分の摂りすぎがシワにつながる!?関連ページ

スマホの利用
ひと昔前とは大きく時代が変わって、今やスマホやケータイは、私たちの生活に欠かせない存在となっています。 もはやあるのが当たり前、しょっちゅう使うのが当たり前で、「電車の中でも気がつけばスマホをいじっている」という人も多いでしょう。 しかし、そのスマホやケータイが、シワを増やすリスク要因になることをご存知ですか?